当協議会について

成り立ち
   五常校区コミュニティ協議会は、2001(平成13)年5月、校区福祉委員会を母体として結成されました。
  小学校区内の各種団体(自治会、防犯協議会、青少年育成団体など ⇒ 組織図参照)が結集する「校区コミュニティ協議会」作りが、枚方市より提起されたのに呼応するものです。
  現在、市内45小学校区すべてに、校区コミュニティ協議会が存在しています。
活 動
 
各種イベントで紹介する「五常夏祭り」などの行事を、企画・運営すると共に、防犯・防災・福祉など、地域の安全安心の向上に役立つ会議や研修会を実施しています。

組織図

・当協議会は、校区内の自治会長(自治会が組織されていない場合は理事長)からなる自治部会と、枚方市防犯協議会五常支部や校区福祉委員会などの専門組織の責任者からなる専門部会で構成されています。

・2020(令和2)年4月現在の構成は、26自治会(理事会)、15の専門組織となっています。

協議会会則

五常校区コミュニティ協議会会則

第1条  名 称

    本会は、五常校区コミュニティ協議会(以下、本会という)と称する。

 

第2条  事 務 所

本会は、事務所を枚方市立五常小学校内に置く。

 

 第3条  構 成

    本会は、五常校区内の自治組織と専門組織(以下構成員という)を

以て構成する。

 

第4条  目 的

    本会は、地域自治の中核組織として構成員との連携を図り、地域住民と一体となって、安心して暮らせる「明るく住みよい町づくり」を

推進することを目的とする。

 

第5条  活 動

    本会は、第4条の目的を達成するため、次の活動を行う。

    (1)構成員の拡充とその活動の活性化。

(2)構成員との連携強化と構成員相互間の連絡・調整の促進。

    (3)防災、防犯、及び交通安全など対策の推進。

(4)地域の生活環境の整備と改善。

(5)福祉の向上と体育の増進、およびレクリエーション活動の推進。

    (6)校区内住民の連帯・親睦の為の活動や行事の推進。

(7)校区内住民への情報伝達と広報活動。

(8)教育機関、行政及びその他関連機関との連絡調整と連携。

     (9)その他、本会の目的達成に必要な活動。

 

第6条  会 議

    本会の会議は下記の通リとする。

(1)総会

(2)役員会

(3)自治部会

(4)専門部会

(5)合同会議

    2 会議は、全て会長が召集する。

 第7条  総 会

    総会は、本会の最高議決機関として次の事項を審議し決定する。

    (1)本会の活動方針

   (2)役員の選出

(3)活動報告及び決算

(4)活動計画及び予算

(5)会則の改廃

(6)その他会の運営に関する重要事項

    2 総会は、構成員で構成する。

3 総会は、定時総会および臨時総会とする。

4 定時総会は、年1回開催する。

臨時総会は、構成員の3分の1以上の請求があったとき、または

役員会において総会開催の議決があったときに、会長が召集する。

5 総会は、構成員の2分の1の出席(代理出席も可)をもって成立

する。但し、止むを得ない事情で出席できない者は、委任状の

提出により出席者の数に加えられる。

6 総会の議長は副会長が当たる。

7 会議における議決は出席者の過半数の賛成による。

賛否同数の場合は、議長がこれを決する。

 

第8条  役 員

    本会に、次の役員を置く。

     会長 1名    副会長 若干名

事務局長 1名  会計 1名   書記 2名   幹事 若干名

会計監査 2名  顧問・相談役 若干名

2 役員(除く、顧問・相談役)は構成員及びその経験者の中から

選出し、総会の承認を要する。

   3 役員の一斉改選にあたっては、役員推薦委員会を設置し、同委員会が総会に役員候補者名簿を提出する。

4 顧問・相談役は、必要に応じ、会長が依頼する。

    5 任期は2年とし、再任は妨げないものとする。

任期中に欠員が生じた場合補充することができる。但し、後任の

役員は前任者の残り期間を任期とする。

6 役員の任務

      会長    本会を代表し、会務を統轄する。

副会長   特定の分野、或いは重要テーマを担当すると共に、

会長に事故ある時はその職務を代行する。

事務局長  会長を補佐し、本会の事務を総括する。

      書記    本会の記録の作成と構成員への広報を担当し、

庶務業務も併せ行なう。

      会計    本会の会計業務を担当する。

      幹事    事務局長を補佐すると共に、

会長が指定する特命事項を担当する。

会計監査  本会の会計を監査し、総会に報告する。

  その他、具体的な事項は役員内規で定める。

 

第9条  顧 問 と 相 談 役 

    本会に、顧問と相談役を置くことが出来る。

    2 顧問と相談役は会長が起案し、役員会の承認を得る。

    

 第10条  役 員 会

役員会は、会計監査及び顧問・相談役を除く第8条の役員をもって

構成し、次の事項を審議し、決定する。

(1)総会に提出する議案に関する事項

(2)活動計画の執行及び収支に関する事項

(3)運営上の重要事項に関する事項

(4)教育機関、行政及びその他関連機関との連絡・調整事項

(5)緊急課題に対する対応

(6)その他、本会に関わる重要事項

2 役員会は、会長が議長となる。

3 役員会は、役員の過半数の出席をもって成立する。

4 役員会の議決は、役員の過半数をもって決する。

  但し、可否同数の場合は、議長がこれを決する。

5 会長は、議題に関連する組織の責任者を役員会に招聘することが

出来る。

 

第11条  自 治 部 会

   自治部会は、自治組織の責任者(自治会長、又は理事長)で構成し、

複数の自治組織に関連する課題や校区共通で取り組むテーマについて

の連絡・調整と課題の解決、及び相互の情報交換を行なう場とする。

2 課題やテーマにより出席者を縮小、或いは限定することが出来る。

3 責任者が都合で参加できない場合は代理を出さねばならない。

 

 

 

 

第12条  専 門 部 会

専門部会は、専門組織の責任者で構成し、専門組織に関連する課題に

ついての連絡・調整と課題の解決、及び相互の情報交換を行なう場

とする。

2 運営方法は自治部会に準じる。

 

第13条 合 同 会 議

合同会議は、自治部会と専門部会の責任者全員で構成し、地域全体に関わる重要課題ついて、連絡・調整と課題解決を行なう場とする。

2 責任者が都合で参加できない場合は代理を出さねばならない。

 

第14条 本 部 組 織

    本会は、本部組織として下記の組織を編成することが出来る。

(1)検討委員会

(2)実行委員会

(3)広報委員会

(4)事務局

 

第15条 検 討 委 員 会

   検討委員会は、特定分野或いは特定テーマについて、校区全体の立場から取り組み方について企画・検討を行なうための組織である。

2 発足は役員会で決定し、複数の委員会の設立を妨げない。

   3 検討結果は会長に対し提言の形で報告する。

4 委員長は原則として役員が担当する。

5 委員長の重複担当は妨げない。

6 委員は、委員長が推薦し、役員会の承認を得る。

    

第16条 実 行 委 員 会

    実行委員会は、本会が主催(または共催・後援)する、交流・親睦の

ための行事を実行するための、プロジェクト組織である。

2 発足は役員会で決定し、複数の実行委員会の設立を妨げない。

3 委員長は役員、または会長から委嘱された者が担当する。

4 委員会は、関連する専門組織と自治会からの推薦委員で構成し、

任期は当該プロジェクトの発足時から終了時までとする。

    5 実行委員会は、他組織との協賛や他組織への後援の場合にも適用

できる。

 

第17条  広 報 委 員 会

   広報委員会とは、本会の広報誌の編集・発行を担当する組織である。

2 委員長は、役員、または会長から委嘱された者が担当する。

3 委員は、委員長が推薦し、役員会の承認を得る。

 

 

第18条 事 務 局

   事務局は、本会の運営に必要な事務を取り扱う。

    2 事務局は、第8条で定める事務局長、会計、書記2名、及び幹事で構成する。

   3 事務局に事務局員を置くことが出来る。

 

第19条 会 計

    本会の会計年度は、4月1日より翌年3月31日までとする。

    2 本会の経費は、枚方市からの助成金、寄付金及び分担金をもって

充当する。

    3 分担金は、構成員、或いは住民に特別に分担を願う費用を言う。

 

(付 則)

     この会則は、平成13年5月19日に制定、施行する。

     この会則は、平成18年4月16日より改訂する。

     この会則は、平成30年4月22日から施行する。

この会則は、平成31年4月14日から施行する。

 

 

2021年度 予算

・収入は枚方市からのコミュニティ活動補助金1,175,900円の他に、各自治会からコミュニティ活動費(一戸当たり200円)と安全部門活動費(一戸当たり120円)を負担していただいています。また、夏祭りでの売上金を100万円計上しています。
・支出としては、夏祭りなど四季を楽しむ行事などに143万円、広報紙やインターネットなどの広報費に32万円、校区福祉委員会には枚方市からの補助金から50万円を、自主防災会には同補助金20万円に10万円余をプラスして30万円を支出します。

役員紹介 (2021~2022年度)

役 職 氏 名担 当
会 長 上野 精順総 括
副会長 光岡 和彦行 事
 〃 倉 洋子青少年
 〃 宮路 美佐福 祉
事務局長 岡田 満広 報
書 記 磯部 智子広 報
 〃 窪田 哲也広 報
会 計 田中 章子
幹 事 河上 勲行 事/環 境
 〃 関谷 剛行 事
 〃 平尾 守広 報/HP
 〃 尾上 敏幸青少年/行 事
 〃 西岡 大輔行 事
会計監査 山内 佳与子
 〃 粟野 恵美子
顧 問 大槻 哲也・元市議会議長
 〃 野村 生代・前市議会議長
 〃 榊 正文・五常小学校校長
相談役

野々村 亘・前五常校区コミュニティ協議会会長

アクセスマップ

  • 京阪バス香里ケ丘六丁目から徒歩1分

サイト内検索

ページトップへ